エピレ―シックとは

◎エピレーシックとは、どのようなものでしょう?

エピレーシックと言うのは、エピケラトーム(※1)機器を使用して、フラップを作成するレーシック手術です。

(※1)エピケラトームと言うのは、カンナのような形状をした医療機器のことです。
いままでフラップを作成してきた医療機器よりも、薄くフラップを作成することができます。

一般のレーシックで使用される、マイクロケラトームという刃物と角膜の薄さを比べてみると、
・マイクロケラトーム:約100~200マイクロメートル
・エピケラトーム:およそ50マイクロメートル

あろうことか、2分1から4分の1も薄くなっているのです。

◎エピレーシックのメリットとデメリット

《メリット》
・過去に適応検査を受けたけれど、角膜が薄いためにレーシックを受けることができなかった人も、受けられる可能性がある
・滅多に手術跡が残ることがない
・エピレーシックの後は、新規に角膜が再生するため、強度が向上する。
(ボクシングのような格闘技など、眼の負担が大きくかかるスポーツをしている人にとっては、特に見合っている手術方法だと言われています)

《デメリット》
・角膜が再生するめでに時間が必要であるために、専用のコンタクトレンズを装着しなければならない
・手術後の経過を見ている段階では、眼に痛みを感じることがあったり、やけに光がまぶしく感じたりと日常生活に障害をきたす可能性がある

エピレーシックは、手術後の経過を正しく見ているようにすれば、大きなトラブル、レーシックの失敗が起こることはないでしょう。
ですが、手術後当分の間は、眼に負担をかけるようなことは抑制しなくてなりませんし、日常生活でも苦労することはあるでしょう。
なので、周囲の人に手助けをお願いした上で、治療に臨んだ方が、完治するまでの期間を安らかに過ごすことができると思います。
職場には、特に、手術後の眼の違和感などは、ちゃんと伝えておくようにして、適宜、休憩を取りながら業務をこなすことも重要になります。

プラセンタかコラーゲンか

美肌効果のある成分と言えば、プラセンタやコラーゲンですよね。
何となく、プラセンタとコラーゲンって似ている気がします。
ぜんぜん違うのですけれどね・・・。
でも、美容アイテムとして用いられていて、美容に効果があるという共通点があります。
では、プラセンタとコラーゲン、どちらが美容に大きな効果があるのでしょうか。

プラセンタは、動物の胎盤から抽出された成分です。
そして、プラセンタは、コラーゲンやヒアルロン酸の再生をサポートする働きがあります。
さらに、細胞を活性化させ、再生を促す働きがあり、美容だけでなく健康にも効果があります。

コラーゲンは、皮膚や骨を生成するたんぱく質の一種で、
肌の潤いやハリ、関節のスムーズな動きのサポートをします。

プラセンタとコラーゲンにはこのような働きがありますが、
コラーゲンは美容に即効的な効果があります。
ですから、肌のハリやツヤを取り戻したい時などは
取り入れればすぐに効果が出ます。

ですが、プラセンタはコラーゲンを作り出す働きがあります。
外から摂取するコラーゲンには限界もありますが、
プラセンタを取り入れて、体内でコツコツコラーゲンを作ることで、
肌が変わってきます。

さて、プラセンタとコラーゲン、どちらが美容に大きな効果があるか?ということですが、
どちらも摂りいれたい成分です。
プラセンタを取り入れて、心身ともに健康になりながら、体内でコラーゲンを作っていくこと、
そして、毎日のケアに即効性のあるコラーゲンを摂りいれていくことで
プルプルで若々しい肌を維持することができるでしょう。

あまり知られてませんが美容には、ナットウキナーゼサプリもお勧めです。

Iラインとは

IラインとはいわゆるVラインと呼ばれる部位の、もっと内側の性器周囲のムダ毛が生えている部分を呼びます。

Vラインと区別がつきにくい部分でもありますが、分かりやすく説明すると「体育座り」をしたときに見える股間部分をIラインと呼ぶようです。
通常、服を着て過ごす時には見えない部分ではありますが、海やプールで水着を着た際に見えてしまう可能性があります。
またIライン部分の毛が多いと生理時の衛生面や排せつ後のふきとり、かゆみやムレ、臭いが気になってしまう方も多いようで、脱毛している方もたくさんいらっしゃいます。
恥ずかしいから・・と自分で自己処理をしている方もいるようですが、やはりこれは危険です。
デリケートな部位なので、自己処理によって出血を起こしたりかぶれてしまったり、色素沈着してしまうこともあります。
このような部分に肌トラブルを起こすと大変なことに!!
やはり脱毛専門エステのプロの方にお任せするのが一番安全で安心です。
粘膜に近いデリケートな部分ですので、どこのサロンでも扱っている施術ではありませんが、実施しているサロンも少なからずあります。
ワキ等の一般的な脱毛と異なるため、価格面や不安感、そして何よりも恥ずかしさで行動に移すまで勇気が必要かもしれません。
しかし、海外のセレブや日本の芸能人などは、Iラインを含むビキニラインの脱毛を積極的に行っています。
キレイに脱毛していないと可愛らしい水着やセクシーな下着を着けることが出来ないからです。
一般的にはVラインの脱毛後にIラインの脱毛を始める方が多いようです。
デリケートな部分ではありますが、見た目の美しさの他にも衛生面でもメリットがあるのでプロのスタッフにお任せしてIラインの脱毛をしてみるのも良いかもしれません。

シュアカラーで白髪染め

白髪は一本でも生えていると目立ちます。少ない場合には抜いてしまう人がいますが、そんなことはしては頭皮を痛めますし、白髪が生えてこなくなるわけでもありません。染めるのが最も安全な方法と言えるでしょう。
シュアカラーは自然派の白髪染めです。多くの白髪染めの染料には動物性原料や化学薬剤が使用されています。ジアミン、パラベンなどの表記がある場合には皮膚炎の恐れがありますので要注意です。シュアカラーはマカダミアナッツ、ウコン、クチナシなど8種類の天然成分が配合されているのが特徴です。
天然成分を使用した製品ですので、1度の使用で染め上げることはできませんが、自宅で簡単に白髪を染めてしまいたいのなら、毎日の入浴時に手軽に使用できますし、シャンプーのついでに使用できますので面倒なことはなないでしょう。ある程度色が定着した後は、週に数回の使用で色を保つことができます。
白髪染めで面倒なのは、衣服や皮膚に染料がついてしまった時のケアです。しかし、シュアカラーは素手で使用することができます。たとえ手についてしまっても簡単に落とすことができます。素手で使用できますので、生え際やこめかみなど細かい場所もしっかりと染めることができます。また、天然成分を使用していますので手荒れの心配もありません。
染め上がりの美しさも天然成分配合の恩恵でしょう。ツヤ、ハリ、コシのある美しい髪の毛を取り戻すことが異議るのです。白髪があると老けて見られますが、シュアカラーで染めると、若返ってみられると評判です。

ミネラルウォーターと放射性物質検査

東日本大震災、東北地方を中心に、地震と津波による大惨事が起こりました。
あれからもう1年半が経ちますが、東北地方は未だにその爪痕が残ります。
復旧作業も着々と進められているものの、多くの人が亡くなり、残された人の心の傷は癒えることがありません。
震災で被害を受けた福島県の原発によって、放射能が漏れるという非現実的な事態が現実に起こりました。
放射性物質は、風によって、海の水によって多く拡散していきました。
水や農作物は、風評被害もあり大きなダメージを受けています。
そんな中、国は独自の安全性基準を設け、水道水などの安全は国によって守られるようになりました。
ところが、放射性物質は思わぬところまで広がりを見せ、今でも安全が実証されていない場所がいくつもあります。

震災後、ウォーターサーバーの需要は高まりました。
子供がいる家庭などは、そうした不安が1年半経ったいまでも拭い去れないという現実があるからでしょう。
ウォーターサーバーで使用される水は、ミネラルウォーターが主です。
ミネラルウォーターの安全は、各社共に放射性物質検査を行って実証しています。
自社での計測が難しい場合は、専門の第三者機関に委託して測定されています。
さらにその結果は、各社のホームページ上で公開されています。
問い合わせをすれば応じてもらえますので、心配な場合は問い合わせてみてください。
RO水と呼ばれる水は、水を濾過して限りなく純粋に近付けています。
放射性物質を含んでしまう心配もありません。
お年寄りや子供は、免疫力が低下している為ちょっとした不純物で体を壊してしまう可能性があります。
水の安全性が叫ばれていますが、ウォーターサーバーは安心、安全な水を飲用できると人気が出ています。

MTBlog50c2BetaInner

2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31